ブランクのある看護師の再就職方法

ブランクのある看護師の再就職方法

他の職業よりも特に多いと言われているのが看護師の再就職です。看護師の資格というものは、一生使えるものになるものです。ですので、その資格があればずっと就職というものがしやすい状況と言っても良いでしょう。

 

その看護師の再就職ですが、いくら資格があるからと言って万全とは言えません。いろいろなことを考えて対処しなければいけないわけです。

 

スムーズに看護師として最後働くことができるようにしなければいけません。

 

 

■看護師研修プログラムへの参加

 

ブランクのある看護師の再就職としては、看護師研修プログラムを利用することが最もおすすめです。

 

ブランクについては、1年間や2年間ではそれほど問題になることはありません。しかし、3年間や4年間になると、自分が働いていたころとは大きく状況に変化が出できている可能性もあります。

 

特に5年以上になれば、看護器具などに大きな変化が出ていて、当時使っていたものがもう使われていない事もあるわけです。

 

そこで看護師研修プログラムへの参加が出てきます。各医療機関で行われていますので積極的に参加しましょう。プログラムは1日で終わるという事ではありません。働き始められるように、かなりみっちりと研修を受けることも可能です。

 

数日から10日程度かかる場合もあります。プログラムの日数に選択性がある事もありますので、実際のブランク期間に合わせてプログラムを選択しましょう。

 

・ブランク期間が短い方は少ない日数の研修
・ブランク期間が長い方は多い日数の研修

 

以上のものに参加することで間違いはないでしょう。