看護師の履歴書に記す自己PRと志望動機

看護師の履歴書に記す自己PRと志望動機

看護師の履歴書についても、自己PRと志望動機が重要です。ただ、実際にどういったことを書いたら全く考えつかない方もいるわけです。どのような書き方をすれば良いのかと迷ってしまっている時には、どのような書き方をすれば良いのか勉強しましょう。

 

 

最初は誰しもなかなかうまく書けませんが、書いているうちにどんどんと身に付いてくることもあります。転職をすぐするという方以外でも、自己PRにつきましては練習できます。前もって準備しておいても転職の多い看護師業界ですので無駄にはなりません。

 

 

■自己PRの魅力的な書き方

 

自己PRですが、何を書いていいのかさっぱり分からないでしょう。最初は誰しも同じです。

 

そのようなときには、仕事において大切にしている事を書き出してみましょう。さらに得意な業務についても考えてみましょう。

 

以上のことをそのまま書けば立派な自己PRになります。それほど難しいものではないわけです。

 

さらにもう少し自己PRを深掘りしてみましょう。

 

・マネジメント経験の有無
・委員会などの活動
・奨励についての研究
・業務改革に取り組んだ経験

 

以上の事を経験していましたら、それ自体も自己PRに記すことができます。

 

ただ列挙しただけではいけません。書く時には自分の性格や特性などを混ぜて書くことが肝心です。そうすることで自分をアピールすることになります。

 

 

■志望動機の魅力的な書き方

 

志望動機の書き方は特に難しいと思われています。実際に、履歴書ではかなり重要な部分ですので手を抜くことはできません。

 

志望動機ですが、学生時代のバイトへの応募時と同じような書き方ではいけません。バイトの場合は、どpの店舗にも使いまわせるような文章を書いていたはずです。しかし、就職ともなればそのような書き方はいけません。

 

特定の医療機関に向けた内容にしてください。そして具体性のある内容にしてください。「医療方針に魅力を感じた」というものでは具体性がありません。どのような医療方針に魅力を感じたのかを記すと良いでしょう。

 

また、各求人情報サイトに志望時の書き方の参考文章が掲載されていることもあります。そちらを参考にするのも良いでしょう。