看護師の職務履歴書の書き方

看護師の職務履歴書の書き方

看護師の職務履歴書の書き方というものは非常に大切なものになります。転職希望先に提出する書類と言えば、「履歴書」と「職務履歴書」の二つが主なものになります。実は重要度でいえば職務履歴書のほうが大きいです。

 

職務履歴書については、履歴書の内容を説明するものになりますので重要度が高いわけです。

 

 

■手書き派?パソコン派?

 

職務履歴書でまず考えるのが、手書きで書くのか、それともパソコンのワープロソフトで書くのかということです。非常に難しい判断に迫られます。

 

いままでは、手書きが主流であった事は確かです。しかし、パソコンの普及もありまして、実際にその流れは大きく変化をしています。実は最近ではパソコンで職務履歴書を書く方が多くなっています。

 

ですので、職務履歴書をパソコンで仕上げるということ自体は、特に問題ないと理解してもらえればと思います。

 

また、パソコンスキルが特に高いという方は、かえってパソコンで書いてしまった方がアピールになります。さらに字があまり上手くない方もパソコンで書いてしまうのがおすすめです。

 

 

■職務経歴書に書く内容

 

職務経歴書に書く内容は3つです。

 

・職務経歴とその業務内容および成果
・取得資格や免許
・自己PR

 

以上の3つになります。

 

その中でも重要視するべきなのが、職務経歴とその業務内容および成果です。

 

そちらについては、いままで勤めた経験がある医療機関について記します。特に注目なのが業務内容まで記すという部分です。

 

どのような仕事をしたのか、というものを簡潔に業務内容として記します。枠に限りがありますので、いろいろ書きたいこともあるでしょうが我慢してください。

 

職務経歴書は見やすく書くということも、非常に大事なことになります。