看護師の面接でお勧めになる服装

看護師の面接でお勧めになる服装

様々な職業で面接というものがあります。その面接を突破するためにも重要になるのが、服装です。服装は思ったよりも採用側に確認されている部分になります。

 

服装が乱れていると、気持ちも乱れていると捉えられかねませんので、注意して対応をしなければいけないわけです。

 

 

■女性看護師の方の面接時の服装で気をつけるべきポイント

 

・派手な格好になっていませんか?

 

まず、女性は派手な服装というものがあります。看護師という職場で派手な服装は意味がないと思われてしまいます。地味とは言いませんが、派手な格好は避けるべきです。

 

・ヒールやサンダル、ミュールなどを履いていませんか?

 

靴は基本的にパンプスにしてください。ただ、パンプスにもヒールの高いものがありますので、そちらは避けた方が無難です。一般的なパンプスで対処すべきです。

 

・スカードは短くありませんか?

 

スカートの丈も気をつけてください。短いとあまり良い結果はえられません。ただ、スカートの丈は難しいことも確かです。座ったときい適切な長さになるのかを確かめたうえで、面接に履いていくスカートを決めましょう。

 

 

■男性看護師の方の面接時の服装で気をつけるべきポイント

 

・普段通りのスニーカーを履いていませんか?

 

普段はスニーカーを履いているからと言ってスニーカーはよくありません。ビジネスシューズを利用しましょう。黒やブラウンの革靴を利用すれば問題ありません。

 

・ネクタイの柄が派手ではありませんか?

 

男性はネクタイに特に注意すべきです。ネクタイの柄が適切ではないと判断されてしまうことがあります。単色でなければいけないとうことではありませんが、柄については落ち着いたものを選ぶことがおすすめになります。