人気の治験コーディネーターの仕事とメリットとデメリット

人気の治験コーディネーターの仕事とメリットとデメリット

看護師の転職先として選択される機会が、どんどん増えてきているのが治験コーディネーターです。看護師の方の多くがそちらを目指している時代です。

 

また、看護師専門求人サイトなどでもそれほど多くの情報が出てきていませんが、少しずつ増加しているとも言われているわけです。実際に、求人サイトでは、検索システムの中に「治験コーディネーター」というものが掲載されていることもあります。

 

それだけ多くの方が治験コーディネーターを目指しているといっても過言ではないでしょう。

 

 

人気があっても必ずメリットとデメリットがあります。そちらにつういて考察をさせてもらいます。

 

 

■治験コーディネーターのメリット

 

・夜勤がない

 

非常に大きなメリットになるのが夜勤です。治験コーディネーターの仕事は基本的に夜勤が存在していません。ですので、一般の看護師さんとは大きな違いがあります。

 

過去に夜勤をして体調を壊してしまった経験があるような方についても、治験コーディネーターはうまく対応できる仕事です。日勤だけというものに、ありがたいと感じる看護師の方は多いです。

 

特に、家事をしっかりと行いたい方に支持されています。

 

・定時で仕事が終わる

 

治験コーディネーターの仕事は、基本的に残業がほとんどありません。残業がないということなので、定時で上がれるわけです。プライベートな時間を少しでも確保したい方に向いています。

 

・特別な資格は必要ではない

 

治験コーディネーターとしての特別な資格は必要ありません。ですので、勉強する必要がなく転職がしやすいというのもメリットの一つです。

 

 

■治験コーディネーターのデメリット

 

・給与が低め

 

治験コーディネーターは一般の看護師に比べ給与が低めになります。その理由はメリットで述べた夜勤です。夜勤手当が給与に含まれませんので、その分給与が少なくなります。

 

・パソコンが使える事、営業ができる事

 

看護師としてはあまり必要でなかった、パソコンや営業についての能力が求められることがあります。しっかりと対応できないかtらについては、非常につらい職場になります。

 

一般看護師の職場と大幅に内容が変わってくるというのはデメリットとしても良いでしょう。

人気の治験コーディネーターの仕事とメリットとデメリット関連ページ

老人施設での看護師の仕事
老人施設での看護師の仕事について。
デイザ―ビスでの看護師の仕事
デイザ―ビスでの看護師の仕事について紹介しています。
デイサービス看護師の年収はどれほどか
デイサービス看護師の年収がどれくらいなのか調べました。
看護師の転職先としての治験コーディネーターの仕事とは
看護師の転職先としての治験コーディネーターの仕事とはどういうものなのか。調べてみたので参考にしてください。