看護師の転職先としての治験コーディネーターの仕事とは

看護師の転職先としての治験コーディネーターの仕事とは

看護師の転職先の一つに“治験コーディネーター”があります。治験コーディネーターは別名で、CRCとも言われていますので、しっかりとチェックしてもらえればと思います。求人情報を探す時には、「CRC」のネーミングの方で登録されているかもしれませんので、事前にチェックしておきましょう。

 

 

その治験コーディネーターですが人気が高まっています。なぜ人気が高まっているのかということになりますが、それは仕事内容を見れば分かるはずです。ですから、どのような仕事をしているのかをチェックしましょう。

 

 

 

■治験コーディネーターの業務内容

 

まず、その名の通りに地検に関わるということは理解してもらえると思います。製薬会社では日々新薬の開発をしています。その新薬ですが、安全性を高めるために様々な実験を行っています、動物実験も行います。

 

そして最後の段階で治験というものを行います。実際に、その薬が効くとされる症状を持っている方に投薬をして実際に効果があるのかを確かめるわけです。その現場で働くのが、治験コーディネーターというものになります。

 

新しい薬の開発現場に携わるということで、非常にやりがいのある仕事です。

 

基本的な業務としては、治験をスムーズに行えるようにサポートします。様々な調整する仕事にもなります。治験を行う医師と連携し治験に参加する患者さんをサポートすることになるわけです。

 

・被験者を選ぶ(カルテなどで適当な方を選択します)
・被験者のケア(サポート)
・治験のスケジュール調整

 

以上が業務になります。

 

特に被験者の方のメンタル面についてはしっかりとした関わり合いを持たなければいけません。治験について正確な情報を患者さんに提供して、安心して参加してもらうのも立派な仕事になります。

看護師の転職先としての治験コーディネーターの仕事とは関連ページ

老人施設での看護師の仕事
老人施設での看護師の仕事について。
デイザ―ビスでの看護師の仕事
デイザ―ビスでの看護師の仕事について紹介しています。
デイサービス看護師の年収はどれほどか
デイサービス看護師の年収がどれくらいなのか調べました。
人気の治験コーディネーターの仕事とメリットとデメリット
人気の治験コーディネーターの仕事とメリットとデメリットをまとめてみました。