看護師が残業した場合の手当ての加算率

看護師が残業した場合の手当ての加算率

様々な職場で行われているのが残業です。職場によっては毎日のように残業がある場合もあります。その残業についてですが、ザ―ビス残業というものがある場合もありますが、一般的には時間外手当というものがいただけます。

 

予定していた時間以外で仕事をしているわけなので、その分の給与を頂くことができるわけです。時間外手当は、もともとの給与に手当てが加算されるような状況で支払われます。一定の割合が加算されますので、残業が多くなれば給与も大きくなります。

 

 

■看護師の残業と手当の加算率

 

それでは、残業した場合の加算率ですが、二通りあります。

 

・125パーセント
・135パーセント

 

分かりやすいように時給1,000円で考えてみましょう。

 

125パーセントの場合で1時間残業したら、その1時間の時給は1,250円になります。普段の仕事よりも時給当たり250円のアップです。

 

一方で、135パーセントの場合ですが、1時間残業をしたらその1時間の時給は1,350円になります。普段の仕事よりも350円も時給がアップしています。

 

時間外手当につては、どちらを採用するのかは医療機関に任せられています。残業についても多い職場と少ない職場がありますので、前もって金額が分かるような手当の種類ではありません。

 

あまり時間外手当に期待したような生活はしない方が得策でしょう。

 

 

基本的に病院は、開院している時間も決まっています。シフトの時間もしっかりと決まっています。大幅な残業はそれほどないと考えられます。