看護師 給与

看護師の給与に関わる手当の内容とは

看護師の給与をチェックするうえで欠かせないのが手当です。どのような手当がいただけるかで、給与の内容も大幅に変化してくる可能性もあるわけです。

 

しかし、手当にはどういったものがあるのか、あまりよく分からない方もいるでしょう。手当というものですが、実際につきあたり数万円になることも珍しくありません。ですので、内容は詳しく把握すべきです。

 

働くうえで給与は非常に大切なものです。

 

まずは、どのような手当ての種類があるのかをチェックしましょう。

 

 

■看護師の仕事に関わる手当の種類とは

 

看護師の仕事には、基本的に交代勤務手当が特に大きなものになります。交代勤務手当とは、職場が2交代制や3交代制の場合に発生するものになります。

 

2交代制や3交代制になれば、夜勤というものが発生すえるでしょう。病棟看護師などをしていますと、基本的に月に数回は夜勤というものが発生します。

 

2交代制であれば、夜勤手当が発生します。
3交代制であれば、夜勤手当と準夜勤手当が発生をします。

 

夜勤手当は、月に数万円単位になりますので注目すべきです。

 

その他の手当ての種類は以下の通りです。

 

・家族手当(育児手当)
・役職手当
・資格手当
・通勤手当(交通費の支給)
・皆勤手当(仕事を休まなかった場合に支給)
・危険手当(危険度の高い職務に関わっている場合・・・放射線科など)

 

以上の手当てがあります。
夜勤系の手当に比べればそれほど大きなものではありませんが、毎月支給されるタイプのものもありますので見逃せません。

 

実際に資格手当が欲しくて、資格手当が出るような資格を取得される方もいます。