看護師の役職の種類

看護師の役職の種類

看護師の役職を目指す方も多いです。看護師としてのキャリアアップというものも非常に重要なものになるでしょう。ただ、目指したからと言ってすぐになれるわけではないのが、役職です。

 

計画的に目指すべきものになります。

 

そこで看護師の役職にはどのような種類があるのかを確認すべきです。

 

 

■看護主任の種類

 

看護師の役職には看護主任があります。その看護主任の中にもいくつかの種類がありますので把握してもらいたいです。

 

また大規模な医療機関にもなれば、主任の数だけでもかなりになりますので、そちらも確認すべきです。

 

・病棟主任
・病棟副主任
・外来主任
・外来副主任

 

以上のようなものがあります。

 

看護主任の場合は、看護師としての通常業務を行います。そのうえで他の看護師を統率するという役割があります。非常に難しい仕事に思えるかもしれませんが、やりがいのいある立派な仕事になります。

 

 

■看護師長の種類

 

看護師長にもいくつかの種類があります。

 

以下にいくつかの例を掲載します。

 

・看護師長
・総看護師長

 

看護師長は比較的新しい呼び名になります。以前は「看護婦長」と呼ばれていました。近年になってから、「看護師長」と呼ばれるようになったわけです。

 

看護師の中ではトップに居るのが看護師長です。最高責任者という立場になりますので、重要であり経験豊富なベテランの方がなります。

 

また、看護師長の場合は人材育成などにも関わりますので、ある程度のリーダーシップなどもなければ働くことができない仕事になります。

看護師の役職の種類関連ページ

2交代制の職場の特徴
2交代制の職場の特徴について。
3交代制の職場の特徴
3交代制の職場の特徴について。
男性看護師の割合につて
男性看護師の割合につての情報です。
男性看護師が活躍できる職場
男性看護師が活躍できる職場がどういうところか調べてみました。
看護師長や看護主任になるために必要なこと
看護師長や看護主任になるために必要なことについてまとめています。