2交代制の職場の特徴

2交代制の職場の特徴

看護師の仕事の中には2交代制を採用しているところがあります。2交代制を取っている医療機関は基本的に夜勤があるところとなります。日勤と夜勤で2交代制となるわけです。

 

その2交代制というものですが、特に注目していただきたいのがその特徴といったものです。どのような特徴になっているのかを事前にしっかりと調べておくことがおすすめになります。

 

 

■2交代制の勤務時間

 

2交代制の勤務時間に目を向けましょう。どのくらいの労働時間になるのかといいうことは知っておいた方がよいです。職場によっても違いがありますので、いくつかの例を紹介します。

 

《例1》
・日勤:午前8時30分から午後5時30分まで
・夜勤:午後5時から翌午前9時まで

 

《例2》
・日勤:午前8時から午後6時まで
・夜勤:午後5時30分からよく午前8時30分まで

 

以上のような勤務時間になることが多いです。

 

夜勤の労働時間が非常に長いということが、よく分かっていただけるのではないでしょうか。長いケースには16時間勤務になることもあります。もちろん、ずっと働いていなければいけないわけではなく、ちょっとした休憩も何回か含まれています。

 

 

■2交代制の特徴

 

2交代制勤務の特徴ですが、実は夜勤の回数が少ないということがあります。上記のように、夜勤の時間が長いので、夜勤をする回数を減らすことができるわけです。

 

月あたりに3回から4回程度で済ませられることもありますので、夜勤回数を抑えたい方にはお勧めの職場です。

2交代制の職場の特徴関連ページ

3交代制の職場の特徴
3交代制の職場の特徴について。
男性看護師の割合につて
男性看護師の割合につての情報です。
男性看護師が活躍できる職場
男性看護師が活躍できる職場がどういうところか調べてみました。
看護師の役職の種類
看護師の役職の種類についてまとめています。
看護師長や看護主任になるために必要なこと
看護師長や看護主任になるために必要なことについてまとめています。