看護師の通勤手当と税金の関係性

看護師の通勤手当と税金の関係性

看護師の手当ては大きな数字になればうれしいと思います。しかし、それらにも税金というものがかかってきてしまいます。大きな税金になってしまうことは避けたいと思うかもしれませんが、手当については、もともとそれぞれの医療機関で決まっていることですので、難しい事でもあります。

 

ただし、看護師の手当ての中には税金対策になるようなものもの存在しています。その内容について理解しておくことも有益な事につながるでしょう。

 

 

■看護師の通勤手当について

 

一般の仕事にもあるように、看護師の仕事でも通勤手当というものが支給をされます。公共交通機関を使っている方は、その使った分だけ支給していただけます。電車に乗ってバスに乗って通っている看護師さんもいます。そういった方はひと月あたりでかなりの額になるでしょう。

 

また、看護師さんの中には自動車で通勤している方も多いと思います。医療機関では従業員の駐車場を完備しているところもありますので、自動車通勤はかなりしやすいと思ってください。

 

自動車通勤の場合も、通勤手当は支給されます。距離を測りまして、それに合わせて医療機関側が手当の額を算出するということになります。遠くから通っている方は、その分上乗せされます。

 

 

■看護師の通勤手当で非課税の対象になる金額

 

看護師の通勤手当については、あまり広くは知られていませんが非課税の対象になります。額も決まっていまして、100,000円までが税金が免除されることになります。

 

所得税や住民税をお得にする効果を持っていますので、通勤手当はお得な存在です。

 

通勤手当については各医療機関の方針によります。その方針にそって支給されますので、基本的には100,000円まで、めいっぱいいただけるようなことはないと思ってください